Pocket

モンスター。


怪物や化け物といった印象が強い言葉であるが、


巨大なもの、圧倒的な存在感や影響力を持つ人や物のことを指す場合もある。


「あいつは〇〇界のモンスターだ。」


という感じでよく耳にするこの言葉。


…星ドラ界のモンスターを目指してやろう。


どうも、今や家庭で圧倒的な存在感を放つ2人の息子にやや押され気味のじゃじゃまるです。

第5回バトリア杯

第5回バトリア杯は、こんな結果になりました。

いや、勝てんのですよ。


ほんと、勝てんのですよ。


最後の1勝が。


前回は28戦目にて敗北し、


今回は最終戦にて苦汁を舐めるという。


いったい何がダメだったのか、私にはいったい何が足りなかったのか、と悶々としながら熟考した結果、


ついに1つの答えがでた。





気合い

だ。

主力部隊

私の主力部隊は以下の方々で、

カンダタ、グレイトドラゴン、トンブレロ、爆弾岩です。

「いきなりすっころびの罠」と「ピンチにゆるしてくれよな」による状態異常とCT減少が強力なのでメンバー入り。


「いきなりすっころびの罠」でALLミス、「ピンチにゆるしてくれよな」でALLミスとなると、思わずカンダタァ!と叫ぶ。


幻惑に弱いため、しょっちゅう惑わされる。


相手方にトンブレロがいると恐怖を感じる。紫の雲がカンダタの頭上を舞った時、トンブレロォ!!と叫ぶ。


だが、それがいい。

闘技場のスペシャルスカウトに出ると知った時点でメンバー入り。ただ好きなだけ。


だが、それがいい。

サンドブレスとときどきすなけむりの幻惑付与が強力なのでメンバー入り。


かいふく魔力+50は見て見ぬふりをしておく。


サンドブレス、ときどきすなけむりを放ったとき、相手方を凝視する。紫色の雲が現れなかったとき、トンブレロォ!!と叫ぶ。


闘神の獄炎をうつ前によくいなくなる。


だが、それが…繰

爆弾岩が闘技場のモンスターとして出ると知った時にメンバー入り。ドラクエ5では、メガンテを使うのは仲間としてあまりにもかわいそうで使ったことがなく、興味本位で自爆してみたかったという非情な理由から。


最近は限界を感じている。


だが、そ…繰

闘技場で勝っていくためには

私の場合、主流部隊の固定メンバーで頑張ってはいたものの、やはり限界を迎えています。


特にレジェンドアリーナのようなガチランキングバトル(前回は一部不備があったようですが…)に勝っていくためには、


闘う相手に応じてメンバーを変えていく


ことが大前提であり、どんな系統のモンスターにも対応できるように、あらゆる系統のモンスターを育てていく必要があります。


これからのレジェンドアリーナでは、こういった考えを持った星ドラーたちがあらゆる系統のモンスターを育て立ち向かってくるであろうから、


さらに難易度は上がっていくんでしょうね。


そんなレジェンドアリーナでトップを飾れたら、そのときこそ、


「あいつは闘技場界のモンスターだ!」


と言われるのでしょう。





「闘技場界のモンスター」はなんか普通ですね。

最後に

今までのブログでもドラクエ5が好きだと公言してきましたが、この闘技場で


キラーパンサーを仲間にしなかった


ことだけがいまだに謎である。





今回も読んでいただき、ありがとうございました。


また次回に。


ほんじゃーね!

Pocket

2 Replies to “【星のドラゴンクエスト】 じゃじゃまるのモンスター闘技場事情”

    1. まるざらさん、こんばんは。
      コメント頂きありがとうございます!

      ええ、仲間にしましたよ!

      …ギュメイをね。

      5月前半に悩みに悩んだあげくギュメイを迎えたら、後半にキラーパンサーがやってくるという無情。

      もちろん、メダルはない。

      キラーパンサーを仲間にしないという謎は謎のままで、我慢の日々が続く予定です。

まるざら にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です